【介護でお困りの方】必見!【認知症の叔母】がグループホームに入居できました!

最終更新日 2022年9月17日

目次

1、はじめに


2、グループホームでの生活


3、トイレで転倒


4、おわりに

笑顔で食事

1、はじめに


2020年6月13日に
「介護老人保健施設」を退所し、
「グループホーム」
入居することになりました。

9時に退所して、
経営母体の病院で10時から健康診断し、
終わり次第「グループホーム」
入居する予定でした。

「介護老人保健施設」を出発前に、
叔母は「どこに行くの?」と
不安の表情でしたが、
「健康診断をして別のところへ移って、
リハビリをする」と話して、
一応納得してもらいました。

「グループホーム」の入居は順調に進み、
12時頃には、
叔母の入居が終わりました。

いよいよ「グループホーム」での
生活が始まりました。

*グループホームとは:
少人数(5~9名)の入居者と
専門スタッフが、
馴染みの関係を築きながら、
家庭的な環境のもと共に暮らす所です。
一人一人の生活史を踏まえ、
出来るだけ暮らしのリズムを変えずに、
生活できるように支援する所です。
潜在的な力に着目し、
役割を持って自立した生活が
出来るように支援することにより
認知症の抑制を目指す所です。





スポンサード・リンク

レイコップ・ダイレクト





2、グループホームでの生活


(1)叔母が入居した施設の方針

①施設ではなく家庭
入居者ではなく家族を目指すことです。


(2)理念

①個人を尊重し、
季節感あふれる活動を積極的に行う。

②個人が役割を持って生活するように
支援する。

③家族や地域社会とのつながりを
大切にする。

④医療と連携し、
安心できる体制を整える。


(3)施設の概要

①利用できる人
・要介護認定を受けていて、
認知症の人
・日常生活が概ね自立していて、
共同生活が可能な人
・常時医療機関において
治療する必要のない人

②建物構造
・鉄骨造り1階建て

③定員
9名×2ユニット 合計18名

④居室
・全室個室
・冷暖房完備
・収納スペース完備

⑤共同スペース
・キッチン
・食堂
・居間


(3)施設サービス計画書

利用者ごとに、
長期目標、短期目標を計画し、
その目標が達成できるよう
医師、看護師、
介護士が援助してくれます。


(4)1日のスケジュール

①朝食、朝食の後始末
②10時:リハビリ体操
③昼食、昼食の後始末
④14時:入浴
⑤14時30分:レクリエーション
⑥15時:リハビリ体操、おやつ
⑦夕食、夕食の後始末


(5)費用明細
①入居時に敷金を支払います。
②家賃
③食費、おやつ代
④水道光熱費
⑤金銭管理
⑥その他、必要に応じての費用

3、トイレで転倒


「新型コロナウイルス」の影響で、
「グループホーム」でも
面会が出来ませんでした。

そんな中7月29日の午後、
「トイレで転倒」して、
「眼鏡のつるが折れた」と
電話が入りました。

外傷もなく、
特に気になる症状はないとのことで、
様子を見ることにしました。

ただ、
歩行が困難になりつつあると聞きました。

8月1日
つるの折れた代わりの眼鏡を
持って行った時に、
「認知症」がかなり進んでいて、
「車椅子が必要になりつつある」と
言うことでした。

この先のことを考えると、
「特別養護老人ホーム」
申し込みをした方が良い
と言われました。

「特別養護老人ホーム」
「要介護3以上」でないと
申し込めませが、
叔母「要介護2」です。

そこで近日中に「介護の認定」
してもらうことになりました。






スポンサード・リンク





4、おわりに


念願かなって
「グループホーム」に入居でき、
一安心したのも束の間、
「特別養護老人ホーム」への申し込みが
必要になりました。

すぐには、申し込みができないので、
それに至るまでの自分がやるべきことを
整理して、
万全な準備をしていきたいと思います。

最後まで読んで頂き有難うございます。

5、関連記事過去のブログ


1、認知症の叔母が施設に入る前に
受けたサービスと苦労話


2、認知症の叔母が介護老人施設に
入所するまで


3、認知症の叔母の介護老人施設
での生活





スポンサード・リンク

急速消臭スプレーの「ヌーラ」・急速分解消臭衣類の
「デオル」なら「いい快互服ドットコム」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。