知らなきゃ損!「ブラック労働、人事業務に関する注目の資格」を紹介!

最終更新日 2021年9月7日


目次

1、はじめに

2、講座の概要

3、資格の強み

4、講座の内容

5、学習から受験の流れ

6、一般的な費用

7、おわりに

8、関連記事

unrecognizable business partners shaking hands on city street
Photo by Sora Shimazaki on Pexels.com

1、はじめに

最近耳にしたのですが、
「人事業務主任士」
「労働トラブル相談士」
人事関係で重要かつ人気の
資格試験があると聞きました。

人事関係の仕事をしている人
意外でも興味のある資格です。

そこで、どんな資格で
どのようにすれば
資格が取得できるのか教えて下さい。

自分だけでなく人の役にも立つ資格なので
ぜひ押さえておきたい資格ですよね。

以下に キャリア人財育英協会
「人事業務主任士」 及び
「労働トラブル相談士」資格の
公式認定講座 の紹介をします。

特に
①これから就職活動をする学生さん
②現在ブラック企業に
就業している会社員の方は、
ぜひ参考にしてみて下さいね。



広告



2、講座の概要

(1) 「人事業務主任士」及び
「労働トラブル相談士」
資格の公式認定講座です。


①この資格を取得するためには、
認定講座を必ず受講しなければなりません。

②受講後に試験を受験して、
合格した方が資格を取得できます。

③講座は全てオンラインで受講できます。


(2)人事業務主任士

①企業や法人内での人事業務の
プロフェッショナルであり、
給与、社会保険、雇用保険、
労災保険など、
組織内での人事に係る
あらゆるニーズに対して、
適切な対応を取ることができる
スキルを有している方に、
与えられる資格です。

②人事業務士、
人事業務主任士、
特別人事業務主任士、
に分かれています。

(3)労働トラブル相談士

①企業内の使用者・労働者間で
起こりうる、
雇用や働き方に
関するトラブルに対して、
事前もしくは事後対処できるスキル、
ノウハウを持ったエキスパートです。 

②資格は3級、2級、1級に
分かれています。

③人事や労働に関する知識です。

④就職、労働条件、退職、残業、
休職、解雇などの法律や決まり、
トラブルに関する知識について
授業を行います。

3、資格の強み


(1)労働トラブルにフォーカス

①現時点で労働トラブルに
フォーカスする資格は他にありません。


(2) 全労働者が
知っておいた方が良い知識

①長年、国内ではブラック労働の
話題が絶えることがありません。

②ネットやSNSでも
ブラック労働に関するサイト、
記事などが多く見られ、
関心を集めています。

③現在ブラック労働環境に
在職している方には必須の内容です。


(3) 全企業でハラスメント
についての相談員の必置義務


①2022年春からは、
全企業にハラスメントについての
相談員の必置義務ができます。

②その対応にぴったりの資格です。


広告





4、講座の内容


(1)人事業務主任士試験、
労働トラブル相談士2級 を受験するには、
ビジスクの認定講座の受講が必要となります。


(2)「人事業務主任士+労働トラブル相談士・
認定オンライン講座」は、
全30回、授業時間20時間をかけて、
税金や社会保険、
給与などの基礎中の基礎からスタートして、
時間をかけながら徐々に
人事業務主任士としての専科知識を
教えていきます。


(3)この認定講座を受講することにより、
「人事業務士」及び、
労働問題を取り扱う資格である
「労働トラブル相談士3級」の
資格が付与されます。


5、学習から受験の流れ


(1)認定講座を申込・受講

キャリア人財育英協会の公式サイトの
「対策講座のご案内」から
クレア認定講座をお申し込みいただき、
オンライン講座の受講を行ってください。


(2)認定講座を修了

①人事業務士、
労働トラブル相談士3級は
合格が付与され、
資格が与えられます。


(3)受験資格を得る

①認定講座の受講を修了すると、
「人事業務主任士」
「労働トラブル相談士2級」

受験資格を得られますので、
試験にお申し込み頂き、
期日に受験してください。


(4)合格

①試験に合格された方には、
「人事業務主任士」
「労働トラブル相談士2級」の
2資格に合格されたことになります。

②ご登録頂いたご住所へ
合格証をお送りいたします。

③クレア会員専用ページから、
各種ロゴをダウンロードして
ご利用いただけます。

6、一般的な費用


(1)認定講座を受講し
試験に合格までの
必要となる費用は以下になります。


①認定オンライン講座受講料
55,000円

②教材費
0円(受講料に全て含まれています)

③人事業務主任士
労働トラブル解決士
試験受験料
5,500円

④合計:60,500円
「人事業務士」
「人事業務主任士」
「労働トラブル相談士3級」
「労働トラブル相談士2級」
以上の4つの資格が取得できます。

7、おわりに

キャリア人財育英協会
「労働トラブル相談士」及び
「人事業務主任士」資格の
公式認定講座 の紹介 をしましたが、
いかがでしたか?

どうしても取っておきたい
資格だとよくわかりました。

全会社員が対象だと思いますが、
先ほど言われたように
①これから就職活動をする学生。
②現在ブラック企業に就業している
会社員 。

の方は取っておくと
何かと役に立ちますよね。

その通りですね。

他にも、
「ブラック企業対策のノウハウ」として
①社会保険労務士
②行政書士
③弁護士など
にもおすすめですね。

キャリア人財育英協会
「労働トラブル相談士」及び
「人事業務主任士」資格の
公式認定講座 を受講して
今後の人生に大いに役立てて下さい。

8、関連記事

(1)神社関係

試験合格・学力向上をはたす神社と
伊勢神宮、出雲大社の紹介は
こちらからどうぞ!



(2)サイト

【勉強・芸能・技能】の向上を
目指す方に厳選した
「学びのサイト」を紹介!は
こちらからどうぞ



(3)退職代行

①【仕事を辞めたいのに
言い出せない女性】の方の
退職代行サービスを紹介!は
こちらからどうぞ


②【退職】で悩んでいる方に
「弁護士」が【退職代行】
してくれるNEXTに相談を!
はこちらからどうぞ





広告




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。