【公式認定機関・UA日本記録】で、誰でも日本一や日本記録の認定可能!

最終更新日 2022年2月28日

目次


1、はじめに


2、UA日本記録の概要


3、UA日本記録のメリット


4、日本記録の認定基準


5、認定までの流れ


6、おわりに

pexels-photo-2249528.jpeg
Photo by Miguel Á. Padriñán on Pexels.com

1、はじめに

日本一や日本記録を
認定する機関があると
聞きましたが、
興味があるので
教えて下さい。

日本一や日本記録の
公式認定機関
UA-JAPAN RECORDS
(UA日本記録)
という機関があります。

以下に紹介しますので、
あなたも是非、
日本一、
日本記録にチャレンジして、
認定を受けて下さい。




広告





2、UA日本記録の概要


(1)UA日本記録は日本一・
日本記録の公式認定機関

①子供の自己肯定感の低さを
問題視した創設者の想いから
UA日本記録は誕生しました。

②日本一や日本記録を達成することにより、
誰もが自信を持って生き生きと暮らせる
未来を目指しています。

3、UA日本記録のメリット

(1)認定機関がほとんどない

①日本一や日本記録の認定機関として
精力的に活動している機関は
他にほとんどありません。

②各業界の有名人や
地方自治体などからの
認定依頼も多数あります。


(2)イメージアップ

①日本一や日本記録を公式に
認定してくれるので、
個人、団体としてのブランド力が
アップします。

②事業などで競合した場合、
日本一や日本記録の称号は
より有利な役割を果たしてくれます。

③日本一や日本記録を達成することで
個人や団体のビジネスをより
活性化できます。


(3)日本一や日本記録に
挑戦することで
自分を築き上げることが出来ます。



(4)各地域で日本一や日本記録に
挑戦することで、
地域の活性化につながります。



(5)認定基本料金

①個人:50,000円

②法人:100,000円

shallow focus photo of road sign on pole
Photo by Caleb Oquendo on Pexels.com

4、日本記録の認定基準

 

(1)日本記録の認定基準

①日本国内にて実施される記録であること

②挑戦者の現住所が日本国内にあること

③客観的な数値で計測できること

④日本国内の全ての人が挑戦できる、
または更新できる可能性のある
内容であること

⑤1つの基準で計測が可能であること

⑥証拠などで記録達成を証明できる物


(2)日本記録として認定できない記録

①周囲の方や挑戦に使用する動物等に
危険を及ぼす可能性のある内容

②記録挑戦により、食品が廃棄されたり、
環境に悪影響を与える内容

③アルコール摂取を伴う内容

④不正行為によって作られた記録

⑤法律に違反する内容

⑥公序良俗に反するもの、
猥褻・猥雑なもの、
犯罪を助長する恐れのあるもの

⑦第三者の権利
(特許権、実用新案権、意匠権、
商標権、著作権など)を侵害するもの

⑧その他、日本一として相応しくないもの

UA日本記録公式サイトより引用



広告



5、認定までの流れ


(1)無料相談をする


(2)申請フォーム入力


(3)ガイドラインの受け取り


(4)日本記録・日本一へ挑戦


(5)審査を待つ


(6)認定

UA日本記録より引用

6、おわりに

日本一や日本記録の
公式認定機関
UA-JAPAN RECORDS
(UA日本記録)の
紹介をしましたが、
いかがでしたか。

日本一や日本記録と聞くと、
アスリートや各界での著名人を
想像します。

しかし、
UA日本記録を知り、
誰でも、
日本一や日本記録に
挑戦できるので嬉しくて
ウキウキした気持ちになりました。

私の身近で、
日本一や日本記録になりそうなことを、
探すだけでも楽しい日々が送れそうですし、
さらに、
日本一や日本記録にチャレンジするとなると、
充実した毎日になりそうです。

また、
人生の大きな目標にもなります。
だから、
UA日本記録を知る事が出来、
感謝しています。

その通りですよね。

老若男女問わず
チャレンジできますので、
是非、
日本一や日本記録にチャレンジして下さい。

そして、
お金では買えない、
あなたのブランディングを
高めて下さい。

スタートは、
UA日本記録公式サイトの
まずは無料相談する
からです。


最後まで読んで頂きありがとうございます。


参考資料:UA日本記録公式サイト




広告






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。