停電でも【安心安全で手軽】に使えるポータブル電源とは?

最終更新日 2022年4月30日

目次


1、はじめに


2、EcoFlow ポータブル電源とは


3、購入の流れ


4、おわりに

bright calamity charge clouds
Photo by Pixabay on Pexels.com

1、はじめに

最近は予測できないような風雨での、
被害が多くなっています。

それに伴う停電で、
二次災害や、心理的影響が
発生しています。

夜間や夏、冬の停電は
本当に困ってしまいますが、
何もできないまま、
電気の復旧を待つだけです。

こんな時は、
発電機があれば助かりますが、
発電機には、
ガソリンが必要、
重くて、音が大きいという
イメージがあるので、
一般家庭で所有するのはなかなか
難しいと思います。

でも、
いざという時のことを考えると、
発電機があれば助かるので、
何とかしたいのですが、
私には良い方法が浮かんできません。

そこで、
災害時の停電対策として、
何か良い方法があれば
教えて下さい。

それならば、
おススメの発電機があります。

それは、
「EcoFlow ポータブル電源」
です。

おススメ理由を以下に紹介しますので、
ぜひ参考にして下さい。




広告




2、EcoFlow ポータブル電源とは

電気がない不便から
EcoFlow ポータブル電源
あなたを救う!

(1)EcoFlow Technology
(エコフローテクノロジー)社の販売


①2017年に設立した
ポータブル電源の最先端を駆ける
スタートアップ企業です。

エコフローテクノロジー
安全性と利便性に焦点を当て、
人々の生活をより良いものに
するためのクリーンな電力技術を
開発することを目的としています。


(2)EcoFlow ポータブル電源の特長

①EcoFlow (エコフロー)が独自開発した
「X-Stream充電テクノロジー」は、
アダプターの無いケーブルを通して
高効率で充電することが可能です。

②一般的なポータブル電源と比べて
約10倍速く充電が可能です。

③安全で信頼性の高い
バッテリー管理システム
BMSを使用しています。

③正弦波、
日本仕様の100V 
50Hz・60Hz調整が可能です。

④スマートフォンと
ペアリングし遠隔操作が可能です。

⑤家庭でのバックアップ用、
キャンプ用、
屋外イベント用の電源など、
あらゆるニーズに対応した
ポータブル電源です。


(3)製品

①DELTAシリーズは大容量で
高出力です。

②RIVERシリーズはコンパクトで
容量カスタマイズが可能です。

③無料配送です。

④安全認証済み 、
二年間製品保証です。

yellow tent under starry night
Photo by Pixabay on Pexels.com

3、購入の流れ

(1)製品選択

購入製品が決まったら購入個数を選択し、
[カートに追加する]を押してください。


(2)カート画面

購入したい製品名、価格、数量を
確認し、
[今すぐ購入]あるいは、
 [カートに追加する]ボタンを
押してください。


(3)お客様情報設定

新規登録のお客様には5%OFFの
「クーポンコード」が自動配信されます。
クーポンをご利用になる場合、
「クーポンコード」を入力し
[適用する]ボタンを押してください。
次に、[適用する]ボタンを押すと、
クーポン適用後の価格が表示されます。


(4)配送情報確認

お客様情報で入力した連絡先と
配送先に誤りがないかご確認いただき、
「お支払いへ進む」を押してください。


(5)お支払い

EcoFlow Japan公式サイトでご購入の場合
お使い頂ける支払い方法は下記となります。
【クレジットカード払い】
【スマホ決済】
【コンビニ決済】
【銀行振込】
【代金引換】からをお選びいただけます。

EcoFlow Japan公式サイト
より引用



広告




4、おわりに

EcoFlow ポータブル電源
紹介をしましたが、
いかがでしたか?

EcoFlow ポータブル電源は、
安全で、急速充電ができ、
色々な場面で利用できるので、
助かりますね。

これさえあれば、
急な停電に備えることができるので、
安心できます。

その通りですよね。

あなたも是非、
EcoFlow ポータブル電源
備えという安心を手に入れて下さい。

製品の仕様については、
EcoFlow Japan公式サイト
で確認をお願いします。


最後まで読んで頂きありがとうございます。


参考資料:EcoFlow Japan公式サイト




広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。