【元中日ドラゴンズ・木俣達彦】のプロフィールと選手成績を紹介!

最終更新日 2022年4月25日

目次

1、はじめに

2、木俣達彦のプロフィール

3、選手成績

4、おわりに

5、関連記事

aerial view of sports stadium during daytime
Photo by Tim Gouw on Pexels.com

1、はじめに

【木俣達彦】は、選手として
「中日ドラゴンズ」
一筋で活躍してきました。

入団は当時の「中日」
キャッチャー不足で、
中京大学で活躍していた
【木俣達彦】に白羽の矢が立ち、
無謀にも中退させての
異例の入団でした。

入団後は、
外野を守った事もありますが、
「キャッチャー」として、
「中日ドラゴンズ」のホームベースを
守ってきました。

「キャッチャー」といえば「守備の要」と
いわれていますが、
【木俣達彦】は打撃でチームに貢献しました。

今でこそ「打てるキャッチャー」は
珍しくありませんが、
当時は「野村克也」に次ぐくらいの
「打てるキャッチャー」でした。

そんな【木俣達彦】
プロフィールや打撃成績を紹介します。

オールドファンは「マサカリパンチ」を
思い出して下さい。

また、若い方は「中日ドラゴンズ」
こんな凄い「キャッチャー」が
いたことを覚えて下さい。







スポンサード・リンク

ふとんクリーナーはレイコップ
医師として“アレルギー症状を根本的に予防できるようにしたい”そんな思いからレイコップが生まれました。





2、木俣達彦のプロフィール

1944年7月7日:愛知県岡崎市生まれ

1960年4月:
中京商業入学(現中京大中京)

1961年:中京商業2年
選抜・1回戦敗退
選手権・準々決勝敗退

1962年:中京商業3年
選抜・準決勝敗退
選手権・準決勝敗退

1963年4月:中京大学入学
キャッチャーとして、
愛知大学リーグ春・秋連覇
秋季リーグで首位打者、MVP
全日本大学選手権・準決勝敗退

1964年:中京大学中退
中日ドラゴンズ入団

1965年:キャッチャーの
レギュラー獲得

1968年:前年までの2年間の
ケガ、不調から復活し、
自己最多の打率.289、
21ホーマー、59打点を記録

1969年:セ・リーグのキャッチャー
として初の30ホームラン以上(33本)
を記録
この年初のベストナイン受賞

1970年7月13日:ヤクルト戦で
プロ入り通算100号ホームランを記録
この年2年連続ベストナイン受賞

1971年:3年連続でベストナイン受賞

1972年5月24日:大洋(現横浜)戦で
プロ入り通算150号ホームランを記録

1972年9月7日:広島戦で
プロ入り通算1000試合出場

1974年:自己最高打率.322を記録し、
中日20ぶりのセ・リーグ優勝に貢献

1974年7月9日:ヤクルト戦で
プロ入り通算1000本安打を記録

1976年5月3日:ヤクルト戦で
プロ入り通算200号ホームランを記録

1977年4月10日:読売戦で
プロ入り通算1500試合出場

1977年:ベストナイン受賞

1978年8月15日:横浜戦で
プロ入り通算1500本安打記録

1979年7月28日:ヤクルト戦で
プロ入り通算250号ホームランを記録
この年ベストナイン受賞

1981年4月30日:広島戦で
プロ入り通算2000試合出場
(セ・リーグのキャッチャーでは
史上初)

1982年:引退
当時、最高のバッテリーと言われた
燃える男・星野仙一とともに
引退



スポンサード・リンク

MOGUストア







3、選手成績

年度球団試合打率本塁打打点
1964中日56.21209
1965中日132.2121038
1966中日126.248941
1967中日84.2241532
1968中日118.2892159
1969中日120.2683360
1970中日128.2833065
1971中日126.2802771
1972中日125.2682148
1973中日117.251932
1974中日123.3221850
1975中日119.279343
1976中日121.3021440
1977中日123.3101351
1978中日117.2941655
1979中日126.3121772
1980中日125.2981867
1981中日108.2761036
1982中日48.17013
通算19年2142.277285872
木俣達彦打撃成績

4、おわりに

【木俣達彦】のプロフィールと
打撃成績を紹介しました。

個人的なことですが、
私の父親と【木俣達彦】の父親が
知り合いで、
年に何度か「バックネット裏」の
席に招待してもらいました。

本人に直接会ったことはありませんが、
親近感がありました。

だから「持ち上げる」
わけではありませんが、
キャッチャーでこの成績なら、
一流だと思います。

しかし残念ながら
存在としては地味でしたので、
記録について語られることが
あまりありません。

また、キャッチャーという激務で
19年間も第一線で活躍できたのは、
何事にも研究熱心だったからでは
ないでしょうか。

そんな【木俣達彦】
ドラゴンズ歴代最高の
キャッチャーだと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

参考資料:ウィキペディア




スポンサード・リンク



5、関連記事





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。