【年の市】とは?どこで?何が売られる市なのか?酉の市との違いも紹介します!

最終更新日 2021年12月7日

目次

1、はじめに


2、年の市とは?

3、年の市で何が売られるの?

4、年の市はいつ頃から?

5、羽子板市とは?

6、世田谷のボロ市について

7、年の市と酉の市は同じ?

8、年の市のまとめ

9、関連記事

大歳の市

1、はじめに


毎年12月に入ると、
テレビなどで【年の市】という言葉を
聞くようになりますが、
【年の市】とは、どのようななのでしょうか?
紹介しますので、
「話題のタネ」として使ってください。

また、
子供さんや親しい人にも
教えてあげてください。

2、年の市とは?


毎年12月中旬頃になると、
日本各地の神社や寺院などの
境内や門前などで開かれる
一年最後のの事を【年の市】と言い
主に正月関係の商品が売られてます。

【年の市】には、多くの別名があります。

①12月の暮れに開かれる事から
その言葉の通り「暮れ市」

②年末の押し迫った時期
開かれる事から「詰市

が開かれる時点で、
売れ残っている物を
何とか売りさばきたい為に、
捨て値で売ることもあるので
「捨市」
などと言われることもあります。

【年の市】には「華やかさ」だけでなく、
生活感や切羽つまった感もあり
独特な雰囲気があります。

3、年の市で何が売られるの?


【年の市】には、
正月縁起物やお値打ち品を求めて
多くの人々が集まって来ます。

それでは、
具体的にどんな物が売られているのでしょうか?

【年の市】では古くから、
しめ飾り・ウラジロ・水引といった飾り物

神棚・三宝・羽子板・などの正月用の縁起物
娯楽品
など様々な物が売られています。

【年の市】は、
普段決まった日に開かれているよりも
賑わいがあり、華やいでいます。

また、
正月を目前に控えた時に開かれるなので
普段より、ウキウキした気持ちになります。

4、年の市はいつ頃から?


【年の市】
盛んに行われるようになったのは、
江戸時代になってからと
言われています。

当時は【年の市】が開かれている
近隣の農家や漁師の人たちが、
自分たちで作った物を売るために
【年の市】にやって来ました。

現在のように、デパート、スーパー、
コンビニ、商業施設などがない時代なので
正月の必需品や縁起物を
売るのも、買うのも【年の市】で、
物を売ってお金を得る喜びと、
物を売ったお金で物を買う楽しみを
一度に味わいました。

当時の人は、
新年には、身の回りの品を新しい物にして、
新たな気持ちで新年を迎える」
という思いが強かったのではないでしょうか。

また、
現在のように娯楽施設がなかった時代には
【年の市】が
一大イベントでウキウキして
やって来たと思われます。

そこで、近くの神社や寺院などで
【年の市】が開かれる日が
重ならないように調整していたそうです。





スポンサード・リンク





5、羽子板市とは?


【年の市】の中で最も知られているのが、
観光客が多く訪れる
浅草寺【羽子板市】ではないでしょうか。

浅草寺【羽子板市】は、
もともとは【年の市】として、 
正月用の商品や縁起物が売られていました。

それがいつの頃からか、
商品のなかで「華」のある羽子板
中心として売られるようになりました。

「華」というだけでなく、
羽子板は一説によると
「邪気を打ってはね返す」
と言う意味があるそうで、
そこから縁起物とされています。

ひな人形と同じように、
羽子板にも「変わり羽子板」と言う物があり、
その年の話題の人・有名人・キャラクターなどの
羽子板が売られています。

きれいな羽子板を色々見ていると、
華やいだ気持ちになり心が弾み 
買わなくても、
十分楽しい気持ちになります。

羽子板

6、世田谷のボロ市について


世田谷のボロ市も有名な
【年の市】の一つです。

歴史は古く400年以上も前から行われています。

通常【年の市】が開かれる
神社や寺院の境内や門前ではなく、
街中の通りで開かれると言う珍しい市です。

世田谷のボロ市も元々は
【年の市】として正月用の商品や縁起物を
売っていましたが、
その商品の中に
「繕い」に使う当時としては貴重
ボロ布があったので、
ボロ市と言われるようになりました。

現在では、
日用雑貨・骨董品・古着などが
売られています。

毎年多くの店が出店され、
歩くのが大変なほどの賑わいがあり
大変活気のあるです。

ちなみに「代官餅」と言う
「ボロ市限定」の名物がありますが、
毎年、長い行列ができ手に入れにくい
一品であります。

7、年の市と酉の市は同じ?


【年の市】は言葉が似ている
「酉の市」と間違えがちですが、
酉の市は、鳥にゆかりのある神社や寺院などで
開かれるで、
毎年11月の「酉の日」に開かれます。

熊手が売られる事が有名で、
テレビなどで毎年紹介されています。

「酉の日」は11月に必ず2回ありますが、
3回ある年もあり
その年は、火事が多いと言われています。

8、年の市のまとめ


【年の市】はかつて、正月を迎えるためには、
欠かせないでした。

現在では、物が余り、必要な物もすぐに手に入る
時代に変っていますが【年の市】の賑わいは変わらず、
物を買う買わないは別にして、行けばワクワクします。

今後も、時代や状況は変わっていきますが
【年の市】と言う伝統行事が、
いつまでも続いてほしいものです。

それだけに、色々な人に話をして
【年の市】のことを伝えていく事が
大事ではないでしょうか。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

9、関連記事


【12月】の別名、行事など、
盛りだくさんの「話題のタネ」を
紹介!はこちらからどうぞ





スポンサード・リンク

ふとんクリーナーはレイコップ
医師として働いていた時“アレルギー症状を根本的に予防できるようにしたい”そんな思いからレイコップが生まれました。
◆日本の生活習慣、ふとん環境におススメ!
・ダニ、ハウスダストが気になる方
・妊婦や小さいお子様がいて寝具に不安な方
・布団干しが重労働と感じる方
・質の高い睡眠にこだわりを持つ方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。