【三国志】より「行動に関わる故事」8選!

最終更新日 2022年4月24日

目次


1、はじめに



2、故事


①画餅
(がべい)

②奇貨居くべし
(きかおくべし)

③苦肉の策
(くにくのさく)

④呉下の阿蒙
(ごかのあもう)

⑤店の与うるを取らざれば、反って其の咎めを受く

(てんのあたうるをとらざれば、かえってそのとがめをうく)

⑥破竹の勢い
(はちくのいきおい)

⑦兵は神速を貴ぶ
(へいはしんそくをたっとぶ)

⑧門を開きて盗を損す
(もんをひらきてとうをゆうす)


3、おわりに



4、関連記事

天安門広場

1、はじめに


【三国志】より「行動」に関わる故事
8選を紹介します。
行動の指針として役立てて下さい。

*三国志とは

魏(ぎ)、呉(ご)、蜀(しょく)の
三国が争っていた歴史を書いた歴史書で、
信頼性に乏しいことは、極力使っていません。
撰者は西晋の陳寿(ちんじゅ)です。

*主な登場人物

①劉備(りゅうび):蜀漢(しょくかん)の初代皇帝

②関羽(かんう):劉備、張飛と黄巾の乱から行動を共にし、
蜀の建国に尽くした人物

③張飛(ちょうひ):劉備、関羽と黄巾の乱から行動を共にし、
蜀の建国に尽くした人物

④諸葛孔明(しょかつこうめい):劉備に仕え、
天才軍師として活躍

⑤曹操(そうそう):魏の建国に尽力し、
乱世の英雄とされる人物

⑥呂布(りょふ):武芸を極めた武将

*三国主な年表

西暦魏での出来事蜀での出来事呉での出来事
220曹丕が魏の文帝に  
221孫権、魏に臣従する劉備が帝位につく孫権、呉王となる
 文帝、呉を攻める劉備、陸遜に大敗孫権、独自に年号
223曹仁が呉に破れる劉備死す蜀と同盟。
224文帝、呉を攻める呉の使者が来訪徐盛が魏を退ける
 倭女王が遣使  
241呉の侵攻を防ぐ蔣琬が進軍する魏と対峙する
243倭女王卑弥呼が遣使姜維が大将軍に顧雍、死す
244曹爽が漢中で敗退費禕が魏軍を退ける陸遜が丞相となる
250呉の混乱に乗じて攻撃姜維が西平へ進軍孫亮が太子
252呉の南郡を攻める 孫権が死す
253呉軍と攻防を繰返す費禕が刺殺される諸葛恪が殺される
263蜀を平定蜀は滅亡 
280呉を滅ぼし統一 魏は滅亡
年表




スポンサード・リンク

【鼓月オンラインストア】





2、故事


①画餅(がべい)

意味:絵にかいた餅が食べれないように、
何の役にも立たない物。実際の効果が何もないこと。

エピソード:魏の文帝(ぶんてい・前漢の第五代皇帝)は、
人材を登用する時に、
有名であるからといってそれだけで登用してはいけない。
彼らは名前だけ何も行動できない。
絵に描いた餅が食べることをできないように、
何の役にも立たないといった話から引用されています。


②奇貨居くべし
(きかおくべし)

意味:将来価値が出そうな珍しい物を買っておけば、
後で、利益を得る材料となるので、
この機会を逃さずに買っておくべきという意味。

エピソード:秦(しん)の呂不葦(りょふい・が商人だった頃、
趙(ちょう)の人質になっていた秦の王子・子楚(しそ)を助けて、
後でうまく利用しようと考え行動に移しました。
結局、子楚を助けたことにより宰相(さいしょう・皇帝を補佐する役)
にまで登りつめました。


③苦肉の策
(くにくのさく)

意味:敵を欺くために、自分の身や味方を苦しめてまで行うはかりごと。
また、苦し紛れに考えr出した手立てのこと。

エピソード:戦いを前にして、
呉の黄蓋(こうがい・後漢末期の武将)は、
曹操陣営にうその投降をして、火をつける作戦をかんがえました。
敵を信じ込ませるため、
自分の大将の周瑜(しゅうゆ・後漢末期の武将)の
作戦を批判して、周瑜の怒りを買い、追放されました。
これにより、曹操陣営の中に入り込み、火を放つことができました。


④呉下の阿蒙
(ごかのあもう)

意味:いつまでも進歩しない人。学識のない人のこと。

エピソード:呂蒙(りょもう・後漢末期の武将)は、
武力のみで学識がありませんでした。
そんな彼に孫健(そんけん・呉の初代皇帝)は、
学問も身につけたほうが良いとアドバイスをしました。
そこで早速行動に移し猛勉強をして、
学識を身につけることができました。

そんなある日、
参謀の魯粛(ろしゅく・後漢末期の政治家、武将)と対談しました。
魯粛は呂蒙のことを武力だけかと思っていたが、学識があることに
驚き、もはや昔の呂蒙ではないと称えました。


⑤天の与うるを取らざれば、反って其の咎めを受く

(てんのあたうるをとらざれば、かえってそのとがめをうく)

意味:天から与えてくれた物を受け取らないと、
かえって災いを招く。
幸運やチャンスを大切にしなければいけない。

エピソード:劉備が皇帝になるのをためらっていたので、
諸葛孔明がこの言葉を用いて、劉備を促した。


⑥破竹の勢い
(はちくのいきおい)

意味:竹の最初の一節が割れると、残りは簡単に割れるように、
勢いが激しすぎるため誰にも止められない状況のこと。

エピソード:呉を攻め入るにあたって、
晋(以前の魏)の皇帝・杜預(とよ)は、
軍師から攻撃を待つように進言されたが、
軍の士気が高まっている今行動をおこせば、
竹を割ったように一気に攻め込むことができると、
攻撃し、呉を滅ぼした。


⑦兵は神速を貴ぶ
(へいはしんそくをたっとぶ)

意味::戦争では、何事も迅速に処理、対応することが、
大切である。

エピソード:冀州(きしゅう・現在の北京周辺)で
最大勢力を誇っていた
袁紹(えんしゅう・後漢末期の政治家、武将)が死亡すると、
その子供達は、烏丸(うがん・北部の遊牧民族)へ逃げてきました。

ここで曹操の軍師・郭嘉(かくか)は、
「兵は神速を貴ぶ」と言って、
迅速な行動を促すと共に、烏丸で内紛が起きるように仕向け
一気に袁一族をほろぼしました。


⑧門を開きて盗を損す
(もんをひらきてとうをゆうす)

意味:自宅の門を自ら開けて、泥棒を招きこむように、
自ら好んで災いをまねくこと。
四字熟語で「開門損盗」とも言います。

エピソード:呉の孫策(そんさく・後漢末期の武将)が
亡くなって、弟の孫権(そんけん・後漢末期の武将)が
その死を悲しんでいると、
張昭(ちょうしょう・後漢末期の政治家、武将)が
孫権に対して
「今は戦争が絶えない時期で、悲しんでいる暇はない」
それは「門を開けて泥棒を招き入れているようなもの」
で「素早く行動に移すことが大事「」とアドバイスしました。






スポンサード・リンク





3、おわりに


【三国志】より「行動」に関わる「故事」8選を
紹介しました。

行動する上で決断に迷ったら、
ぜひこの「故事」を思い出して、
役立てて下さい。

また、これを機に【三国志】の世界に
足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んで頂き有難うございます。


参考書籍:株式会社HK INTERNATIONAL VISION発行
三国志故事成語辞典

参考資料:ウィキペディア

4、関連記事


①三国志より人間関係に役立つ故事10選はこちら

②三国志より人物に関わる故事8選はこちら

③三国志より志や戒めに関する故事8選はこちら

④三国志より人の生き様に関する故事7選はこちら






スポンサード・リンク

ふとんクリーナーはレイコップ
医師として“アレルギー症状を根本的に予防できるようにしたい”そんな思いからレイコップが生まれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。